本慶寺

「お寺を生活の場として在家仏教の担い手」となりたいと本多 元子さん。

真宗の門徒、本当の門徒になってほしい。「在家仏教の担い手になる」と呼びかけておられました。 

「自分を確かなものにしてしまう。過ち」「選ばず、嫌わす、見捨てない」

本慶寺だよりは、真宗の教えは「どんな苦悩も引き受けて生きていくことができる道があることを、私たちに教えてくださっています。」

道とは人ではないこと。(短縮)

白い道、本多さんの紙芝居よかった。

何の勉強もせず、講座に参加すれば、ためになる話が聞けるだろう。(いかん)

和田 稠先生のご本を手にとるの初めて、、、まことに恥ずかしい。(そうだ)

「自分を確かなものにしてしまう。過ち」日常生活に当てはめると私は冷や汗がでます。本多さんは私にとって善知識です。軽々に使ってすみません。